黄ニキビが赤くなった?考えられる2つの要因とは

黄ニキビが赤くなったという場合、
どういうことかを考えていきます。

ふつうに考えると症状が逆行し、
悪化しているように思えますが
それもありえると思っておいたほうが
いいと思います。

悪化する理由はニキビができる理由と
ほぼ共通してる気がします。

・黄ニキビの基本的なこと

黄ニキビとは何かを
まずは軽くおさらいしておきましょう。

黄ニキビは赤ニキビの炎症が
ひどい場合に発生するニキビの一種で
最悪とも言われます。

毛穴には膿がたまり、
若干盛り上がってきます。

炎症は縮小傾向にあり
盛り上がった周辺部分にだけ
残っていることが多いです。

黄ニキビは見た目も悪いことから
一番悪化したニキビと
言われることが多いですが、

治癒過程においては最終段階であり、
むしろいい方向に向かってます。

ただ、そこで下手な処理をすると
ニキビ跡になりやすいという
定説がまかり通ってるため、
注意が必要なニキビと認知されてます。

それがどこまで正確な情報かは
定かではありませんが
手でいじってしまうことが多いので
懸念が生まれるのは仕方ないかな?
とも思えます。

とにもかくにも炎症が静まり、
アクネ菌の殺菌が終わりかけてるので
一口に悪いとはいえないニキビです。

・黄ニキビはなぜ赤くなったのか

では赤くなったとは
どういうことでしょうか。

考えられることは主に2つあります。

ひとつは内部出血です。

炎症や物理的な刺激により
血管が損傷すると
たまに出血することがあります。

ただそうなると紫色に変色するので
可能性としては低いほうです。

もうひとつは単純な悪化です。

スキンケアの方法自体は
スキンケアグッズの説明書とかにも
詳しく書いてるものなので、

極端に変なことはしてないと思いますが
それはとても限定的な話です。

つまり、個々のスキンケアの
使い方自体はよくしっていても
その他のことには無頓着なので
黄ニキビが悪化しても
不思議ではないのです。

たとえばスキンケアグッズの質、
普段から口にしているものの質、
そして自分に対する考え方もそうです。

ひっくるめていうと
健康に関しては無関心なのです。

そもそも本当に健康に関して
関心度が高いのなら
ニキビとはほぼ無縁の生活を
送っているはずです。

完全にできないようにするのは
難しいかもしれませんが、
できたとしても症状は軽く、

大手の化粧品を考えもなく
バンバン使うこともなく、

いつのまにか治まっている
という状態だと思います。

これをヒントにご自身の生活習慣を
見つめ直してほしいと思います。

もちろんスキンケアグッズの
見直しも忘れずに。