中学生のニキビの悩みにビーグレンは効果的かどうか

中学生のニキビにも
ビーグレンは使えるかどうか
気になってませんか?

本人だけでなく
母親をはじめ親御さんの立場の人の
気になってるかもしれません。

結論からいうと使えます。

使えますが過度な期待は
しないほうがいいでしょう。

・中学生のニキビ問題について

中学生はニキビに悩む
中心世代のひとつです。

成長ホルモンや男性ホルモンが
活発に分泌される時期ですから
体の変化が凄まじいです。

身長はよく伸びるし
声変わりもし始めます。

そしてニキビもよくできます。

思春期ニキビのメカニズムは
すでにご存知かと思います。

ホルモンバランスの乱れと
毛穴の未発達などが関連して
皮脂が詰まりやすくなり、
アクネ菌が増えやすくなります。

だから仕方ない現象ではありますが
人間は複雑な生き物ですから
仕方ないでは済まされません。

見た目を気にする生き物ですから
すぐ治したいと思う人が多いです。

それはそれで仕方ないともいえるので
対策することは間違いではないです。

ないですが、間違ったスキンケアは
よけい悪化させてしまうので
気をつけてくださいね。

本人だと無自覚で不潔だからという
勝手なイメージで洗顔しすぎる
恐れがありますので、

心配する親御さんも
しっかり理解して教えてあげましょう。

・大人も中学生も守ることは同じ

ということでビーグレンは
中学生にも効果的なのかについてですが
理論上はそうだといえます。

ビーグレンの主な対象は
大人ニキビに悩む人ですので
基本的に思春期の人に
おすすめされません。

しかし、ニキビは原因がどうあれ
発生メカニズムは同じなので
表面上の対処法は共通しています。

優しく洗顔し、炎症を沈静化させ、
肌を乾燥から守り、
ニキビ跡を予防するという感じです。

思春期だと皮脂量が多いので
保湿は大人より意識しなくても
いいかもしれませんが、

洗い過ぎは肌を痛めるので
どちらにしろ早いうちから
肌の健康についての理解は
深めておいたほうがいいです。

ビーグレンの洗顔料は弱めだから
思春期に合わないと主張する人もいますが
強い洗顔料は肌に悪いですし、
肌の汚れなど簡単に落ちるから
問題の有る主張だと思います。

あとビーグレンの代表例である
CセラムはビタミンC濃度が高いので
乾燥肌の人には使いにくいという
指摘があることから、
中学生には使いやすいかもしれません。

でもそれは効果的かどうかは
別問題ですので過度な期待は禁物。

ビーグレンは薬ではなく化粧品です。

技術力が高いと言えど
医薬品と比べると効果は低いです。

あとバリア層にも影響するので
薬も含めて化学物質に
頼りすぎることのないようにしましょう。