黄ニキビから出てくる3種類の液体の正体とは?

黄ニキビを潰すといろいろ
液体が出てくることがあります。

それらは何らかの病気のサインとか
物騒なものではなく、
ごく普通に出てくる可能性があるものです。

強いて言えば黄ニキビができたことが
異常といえるので今後できないよう
予防に努めるのが大事ですね。

・黄ニキビを潰すと出てくる液体について

黄ニキビを潰すと
主に3種類の液体が
出てくることがあります。

色でいうと黄色、赤、透明です。

黄色はもちろん膿のことで
これがメインとなるでしょう。

膿は皮脂や角質、白血球、雑菌が
混ざりあった液体です。

色の濃さは状況により異なり、
白っぽい場合もあります。

膿は免疫力が働いた証拠で
ニキビの症状がよくなってきている
サインでもあります。

よく黄ニキビは一番悪化したものと
言われますが、少し語弊があります。

皮膚の損傷的には最もひどい
状態だといっていいですが、
ニキビ自体は沈静化してきているので
必ずしも悪化とはいえません。

赤い液体はご察しの通り血液です。

通常は出血することはないですが
強い力を加えすぎたり、
ニキビの状態によってはありえます。

皮膚周辺には毛細血管が通っており
意外と簡単に傷つきます。

炎症が深部にまで及んでいると
白血球の攻撃により毛細血管が
傷つくこともあります。

そのため紫ニキビに
なることもあるのです。

そして透明の液体。

これは浸出液のことです。

血液に含まれる水分で、
グロブリンやフィブリノゲンといった
傷を修復するための成分も含みます。

傷を負うとじゅくじゅくした液体が
滲み出てきますが、
それにより傷を治すんですね。

・気をつけて処置すれば問題なし

ということで黄ニキビから
液体が出てくることは
生体反応により生じたもので
おかしいものでもなんでもありません。

むしろ出ているのは正常であるといえます。

血液の場合は例外的に悪いと言えますが
気をつければまず出ることはないので
そんなに気に病むことはありません。

ここで、液体が正常であるなら
潰すのはどうかという議論が
再燃してきそうですが、
それも冷静に考えれば
炎上することはないでしょう。

膿は老廃物であることは間違いないので
取り出せるのなら取り出したほうがいい、
という結論はすでに出てますよね。

浸出液が出てくるのは少々問題ですが
悪いのは強引な処置なので
問題を混同しないようにしましょう。

浸出液はちょっと出たくらいで
枯渇することなどないので、
冷静に傷口を乾燥させないように
湿潤療法をすればいいだけです。

液体はちゃんと活用しましょう。