黄ニキビにエピデュオゲルは有効 副作用のリスクも知ろう

黄ニキビにエピデュオゲルは
効果的だと思われます。

殺菌作用とピーリング作用があり、
人気治療薬を合体させたようなもので
海外でも注目されています。

処方薬なので皮膚科に行かないと
購入できませんが、
それほど強い薬なので
使う際は注意も必要になります。

・エピデュオとは?

エピデュオゲルは2016年11月に
ニキビ治療薬として登場した
かなり新しいものです。

見た目はふつうのクリームタイプの
軟膏薬ですがなかなかおもしろい
特徴があります。

以前までニキビ治療薬で
一番効果的と言われていた
ディフェリンゲルとベピオゲルの
有効成分が入っているのです。

まさにいいとこ取りです。

アダパレンと過酸化ベンゾイル
という成分です。

アダパレンはディフェリンゲルの
有効成分で濃度は0.1%、

過酸化ベンゾイルはベピオゲルの
有効成分で濃度は2.5%ですが、

エピデュオゲルは
濃度も一緒なのです。

アダパレンはビタミンAと
似た作用がある成分で、
毛穴に皮脂が溜まるのを予防したり、
ピーリング作用もあります。

ピーリングは肌のターンオーバーを
促進させることで知られる対策ですね。

過酸化ベンゾイルは
強い酸化剤の一種で
殺菌効果があります。

その対象はアクネ菌はもちろんですが
黄色ブドウ球菌も含まれます。

黄ニキビは黄色ブドウ球菌が
繁殖している特徴があるので、
これがエピデュオゲルが
黄ニキビにも有効であるといえる
強い根拠になります。

発売元のマルホ株式会社によると、
炎症のあるニキビの減少率は
アダパレン、過酸化ベンゾイルを
単独で使うより高いと
報告しています。

まあふつうに考えてもそのとおりですね。

あとこの薬の便利なところは
重症ではない白ニキビや黒ニキビにも
有効なことです。

薬もかなり進化が進んでいるといえますね。

・エピデュオゲルの副作用について

ただ、効果が強くなる
言い換えると便利になるほど
副作用のリスクも増えます。

実際に臨床試験においても
高い効果が出る反面、
副作用が出やすくなってるという
結果が出たそうです。

エピデュオの副作用とは
ヒリヒリといった皮膚の刺激感、
痛み、アレルギー性皮膚炎、
赤み、かゆみなどです。

ただ、保湿剤を多くするという
工夫をすることで
最小限に抑えているという
見方もあります。

副作用が出た症例は
エピデュオゲルの場合10%ほどですが、

ディフェリンゲルだと80%、
ベピオゲルだと40%に
副作用が出ると言われてるので
それらと比べるとたしかに低いです。

もちろん、低いからといって
薬であることには変わらないので
油断してはいけません。

とくに皮膚が薄い部分に
塗るのはNGなので気をつけましょう。

唇や目の周辺、乳首周辺、陰部などです。