ビーグレンでニキビができるなどの副作用はあるのか

ビーグレンでニキビが悪化するなどの
副作用はありえないという声が
大勢を占めていますが、
それはまたありえないことです。

絶対起こるわけではないですが
可能性が0というわけでもないのです。

これは好転反応とは違った考え方なので
混同しないよう注意してください。

・副作用と好転反応について

ビーグレンはニキビケアグッズとして
大変人気があり高い評価を受けています。

その理由はすでによくご存知だと思いますが
技術力と地道な啓蒙、そして口コミの拡散が
じわじわ効いてきたからですね。

なかなかマネできない技術をもった
企業はやっぱり強いと思います。

ただ、完璧なものは存在しないので
ビーグレンにも副作用はあると
思っておいたほうがいいです。

副作用とは本来医療で使われる言葉ですが
それ以外にも一般化していますね。

主作用以外の作用という意味で
都合の悪い症状全般を指します。

化粧品だったら赤みやかゆみ、
乾燥、ニキビが増えるなどです。

これらは好転反応でも起こりうる症状ですが
明確に違うのは過程です。

副作用はただ単に悪い症状なのに対し
好転反応は治癒が進んでいるときに出る
症状なので意味が全く違います。

だから誤解をされないよう
企業側は基本的にそのことに関しては
あまり言及してはいけなくなっています。

・ビーグレンで副作用がないのはありえない?

ビーグレンでニキビが純粋に
増えてしまうなどの副作用はありえるのか。

大方の見方はないとされていますが
ただそう思い込んでるだけです。

もしくはわかってて言わないだけです。

ビーグレンも商品なので
基本はネガティブな意見は
避けられるものだからです。

ビーグレンは肌に優しい成分しか
使っていないという主張が目立ちますが
それは残念ながら嘘です。

合成界面活性剤をはじめとした
化学物質を使っているので
肌に優しい成分だけというのは
どう考えてもありえないことです。

たとえ100%天然物質だったとしても
その人の肌に合うかどうかは別問題です。

どんな物質もアレルゲンになりえますし。

実際に口コミも寄せられてると思いますが
肌に合わないと思う人もけっこういます。

いわゆる悪い口コミを探せば
いくらでも出てくると思います。

口コミも勘ぐれば嘘だらけですが
すべてがそうとも言い切れません。

意識すべきは紹介している人は
基本的に売りたい側の人間であり、
純粋に口コミを投稿しようという人とは
意図が全く違うということ。

そもそも肌に何かを浸透させる時点で
リスクだと言えるんですけどね。