ビーグレンニキビケアでかゆいのはなぜか?

ビーグレンでニキビケアしてると
かゆいと感じることも少なくないようです。

ビーグレンといっても
いろんな化粧品があるわけですが
おそらく多くの場合は
cセラムのことを指してると思います。

一番有名で効果的だと絶賛されてるので
使ってる人も多いはずです。

かゆいのは乾燥が原因ですので
ちゃんと対策すれば大丈夫です。

・ビーグレンでかゆくなるのは必然?

ビーグレンのニキビケアといったら
殆どの人はCセラムを思い浮かべる
かもしれません。

Cセラムはビーグレンで一番最初に
作られた製品でメーカーを代表する
美容液となっています。

トライアルセットで使ってみて、
とりあえずCセラムを選ぶ人は
とても多いと思います。

ビタミンCは美肌効果があるということで
ニキビ目的以外でも使う人は多く
定番中の定番成分です。

値段は安くないですが
単品だと手が届きやすいので
ビーグレン側もセットよりも
単品購入を促している節も見受けられます。

それはいいとして、
ビタミンCにはひとつ問題があります。

肌を乾燥させやすいことです。

それこそがかゆい原因です。

暖房や冷房が効きすぎた部屋にいると
誰もがかゆい経験をされたことが
あると思いますがそれと同じです。

ビタミンCは皮脂の分泌量を
抑制する働きがあると
言われています。

多くのビタミンC系の化粧品は
誘導体という形で配合されてますが
そのままだと効果を発揮しないので
肌の中で分解されてから
活用されることになります。

ビーグレンはビタミンCそのものが
入っており濃度も高いことから
効果が出やすい半面、
副反応も起きやすいのです。

ビーグレン以外のビタミンC美容液でも
副反応は起きると思われますが
リスクは低いという
皮肉な結果になっているのです。

・かゆくなる原因はビーグレン以外にも?

かゆい主な原因は肌の乾燥であり、
化粧品そのものといえます。

もちろんビーグレンをつけたあとに
かゆみが生じたのであれば
ビーグレンが直接的な原因と
なるのでしょうが、

これまでも多くの化粧品を
使ってきていますよね?

それも一因となって、
乾燥肌を招いていると
大いに考えられるのです。

化粧品の宿命ともいうべきことは
界面活性剤を使わないと
いけないことです。

肌バリアを一時的に壊すことで
成分を浸透させてるのですが、
それを長年続けていると
乾燥しやすい肌になります。

ビーグレンは化粧品の中では
比較的強いと言われるものです。

Cセラムをつけた瞬間、
熱感を感じるのがその証拠で
弱った肌には少々きつい面もあります。

なので使う量を調整したりして
注意して使うようにしてください。