ビーグレンがニキビに効くとはどういうことかを考える

ビーグレンはニキビに効くのが
通説のようになっています。

もちろん効かないと
文句を言う人もいることは確かです。

今回は効く人と効かない人の
違いを考察してみようと思います。

化粧品は売り物ですので
基本的には効くことが
前提になってるのですが、

本来は効かないことが
前提であるともいえるので
ちょっとややこしいですね。

・ビーグレンはニキビに効くのが当たり前?

ビーグレンがニキビに効く理由は
注目してる人にとっては常識なので
詳しくは説明しません。

すごく簡単に要約すると、
天然の泥で優しく洗い、
ビタミンCなどの美容成分が
しっかり浸透するからですね。

成分や機能的に見ても
他の化粧品を圧倒するような
特長があるわけなので、

効くのが当たり前という
イメージをまずは多くの方が
最初に抱くと思います。

あとは効かないものを
発売できるはずがないという
社会的な常識も
加味されているでしょう。

ビーグレンニキビケアの場合は
少々癖があるものの高機能だけあって
効果を実感する人のほうが多いです。

使用感が気になるという口コミも
多く寄せられていますが、
結果的に良くなったという人も多いです。

ちなみにニキビ跡に効かないという
声もけっこうありますが、
さすがに化粧品だとできることに
限界があります。

ガッツリ陥没したクレーターを
元通りに治すのは無理なので
それで効かないというのは
お門違いというものです。

・ビーグレン(化粧品)が効くの意味

効くと感じる人と
効かないと感じる人の最大の違いは
おそらく重症度かなと思います。

いい評価を付ける人は
使い始めてからすぐに効果を
実感している傾向がありますが、

そうでない人はトライアルセットを
使い切っても実感できません。

一般的にスキンケアというのは
1ヶ月が目安となるので
そう考えるので1週間分は
たしかに少ないかもしれませんが、
それも重症度によると思います。

あと、肌に合う合わないも
重症度が関係してると思います。

敏感肌といってもいろいろで、
化粧品をつけるとピリピリ痛む人もいれば
そうでない人もいます。

前者は明らかに症状がひどいので
下手に何かをすると
悪化する可能性も考えられます。

ちなみに効かないことも前提であると
冒頭で言いましたが、
それはニキビを治すのは
化粧品ではないですよって意味です。

ニキビだけでなくあらゆる体の異常は
体が治しているものです。

自然治癒力というやつですね。

薬や化粧品はそのお手伝いをするだけで、
下手に使うと逆効果になります。

化粧品が効くとは、
自然治癒力とうまく共闘できた
という意味で捉えたほうが
いいかもしれませんね。