黄ニキビの隠し方としてメイクが最適だけど気をつける

黄ニキビの隠し方としては
メイクが基本になりますが
ただすればいいってものじゃないです。

下手するとメイク自体が
うまくいかないことになるので
気をつけてくださいね。

正しいメイクの仕方を学ぶと
肌への負担も減らせるので
一石二鳥です。

・黄ニキビの隠し方と注意点

黄ニキビは赤ニキビよりかは
真っ赤ではないので
幾分かはマシですが、

それでも出っ張ってる時点で
目立つ存在です。

隠す方法としては
絆創膏がてっとり早いですが、
ニキビを隠したいと思うときは
たいていは顔のはずなので、
かえって目立ってしまいます。

なのでほぼメイク一辺倒になります。

メイクはニキビを隠すのに
最適な手法だとは思いますが
いろいろ気をつけるポイントがあります。

一番大事なのは厚塗りしないこと。

隠したい衝動でそうしたくなるかも
しれませんがそれでは逆効果に
なりかねません。

それを前提として覚えておいてください。

もし化粧下地から厚塗りしてしまうと
崩れやすくなってしまいます。

化粧下地だけではなく
基本は全て薄く塗ります。

コンシーラーでさえそうです。

ファンデーションをする前に
コンシーラーでニキビを隠しますが
厚塗すると崩れやすくなります。

そして使う際は塗り込むのではなく
軽く叩くようにするといいです。

それだと薄く濡れると同時に
隠しやすくなるんですね。

最後のファンデーションも
もちろん薄めに塗ります。

なるべくリキッドタイプより
パウダータイプを選んだほうが
肌への負担を減らせます。

そもそもそんなに厚く塗らなくても
ニキビは目立たなくできるので
がっつり塗り込む必要はないです。

逆に厚化粧は厚化粧で周りから
突っ込まれるかもしれないですよ?

その他のテクニックとしては、
ニキビ以外の部分を目立たせる
っていう方法が意外と有効です。

単純な発想だとニキビ部分を
しっかり隠さないといけないですが、
逆にその部分だけ濃いと
目立つ恐れもあります。

だから濃い部分が目立つという
特徴を逆手に取って、
口紅などを濃いめにすることで
そっちに意識を集中させて
ニキビが目立たないってことになります。

・化粧品はそもそもニキビに悪い?

最後に補足として、
実は化粧品自体が肌に良くないです。

肌に負担をかけないものもありますが
現状はごく一部にとどまっています。

当然ニキビにとってもよくないことで
隠すほど悪化する恐れもあります。

だからこそせめて厚塗りをやめて
薄くしようという意味もあります。

特にリキッドファンデは
肌への密着度が高いぶん、
メイクとしては優秀かもしれませんが
健康的には問題があります。

ニキビがなくても厚塗りはダメだと
改めて意識し直すのがいいと思います。