黄ニキビの膿の出し方は優しくやるのがポイント

黄ニキビの膿の正しい出し方を
覚えておいて損はありません。

賛否両論ありますけど
適切な処置をすれば
リスクは軽減できることがわかってます。

膿を出すのにわざわざ病院に行くのも
億劫だと思うのである程度では
自分でできたほうがいいですよね。

ちゃんとやればニキビ跡にも
なりにくいと思いますし、
何より治りが早くなります。

・黄ニキビの膿の出し方を覚えよう

黄ニキビの最大の問題点は
膿を出すのか出さないのかです。

今回は出す方を肯定していることを
前提として話を進めます。

重要なのは出し方です。

膿を取り出すのに反対な意見も
正しい部分はもちろんあります。

適当に取り出そうとすると
肌内部が物理的に損傷し、
ニキビ跡ができやすくなる、
といったことです。

これは指でギュッと摘んだり
爪でガリガリするなどする行為で
確かによくありません。

雑菌も入る恐れが高くなり
新たなニキビに繋がる恐れもあります。

面倒かもしれませんが
しっかり正しい出し方を学び、
実践していきましょう。

準備するものは消毒液、
コットン、針です。

まずは注射する前と同じく
黄ニキビ周辺を消毒しておきます。

次に針をさし、
力を入れすぎずに軽く圧迫して
膿を取り出します。

もちろん針は奥まで刺す必要はなく
表面に穴を開けるだけです。

必ずではないですが
プチッと感触が伝わることもあります。

取り出す際は出し切ろうと
しないのがポイントです。

多少残っても自然となくなるので
無理に力を入れてはいけません。

その後は軽く水で流したあと
ハイドロコロイド素材の
絆創膏をはりましょう。

ケア後の黄ニキビは傷口と同じなので
細胞を傷めないように
湿潤療法をするんですね。

化粧水や美容液はいろんな成分が
入りすぎてるので負担がかかる
恐れがあります。

・膿を出すタイミングについて

あと重要なのはケアをするタイミングです。

黄ニキビにも段階があり、
初期の頃はまだ炎症が残っており、
自然治癒の真っ最中といったところです。

そのときの膿はまだ固い可能性もあります。

どうしても急いでるときは仕方ないですが
基本は炎症が静まるまで待ちましょう。

抗生物質を使うと炎症をすばやく
鎮めることができますが
薬は肌によくないもので
下手すると副作用が出ます。

せめて質のいい化粧品を
使うくらいにしておきましょう。

炎症がなくなったら
上記の手順通りに行いましょう。

最大のポイントは肌に負担を
かけないよう心がけることです。

ニキビ跡が残るということは
それほど自分の体を雑に
扱っているということです。