ニキビを治すのに薬とビーグレンどっちのほうがいいか

ニキビに対してオーソドックスな
対策といえば薬か化粧品ですね。

このブログではビーグレンを
主なテーマとしています。

ビーグレンはまだまだ
知る人ぞ知る化粧品という
領域にあるかもしれませんが、

技術力の高さを理由に
徐々に認知度が高まっていて
薬よりもいいんじゃないかと
思ってる人もいるでしょう。

考え方は人それぞれですが
ここは客観的に判断して
適切な治療をしてほしいと思う。

・ニキビ対策の基本

ニキビ対策は無数に存在していると
言えますが最も主流といえるのが
薬と化粧品かと思われます。

薬はニキビ向けのものだけで
数えきれないほど存在し、
化粧品もそうです。

ニキビ向けと言われてないものでも
スキンケアという共通項があるので
ある意味ではなんでも対象です。

よって薬と化粧品だけでも
数え切れないほどあるわけで
逆に何にすればいいのか状態です。

選択する上で重要になるのは
どのようなポテンシャルがあるかです。

効能ともいえますが、
同じ薬や化粧品といっても
特徴がそれぞれ違います。

薬だと効果が強いか
対応する菌の違いなどで、

化粧品は保湿力や刺激性、
浸透性などが重視されます。

化粧品は薬と比べると効果が緩やかなので
技術力がものをいいます。

単に植物エキスを混ぜただけの液体だと
あまり効果は期待できないでしょう。

かといってビーグレンのように
もともと医療の現場で使われる技術が
応用されたものも稀なので
選択肢は限られてくるものです。

ビーグレンは特徴的な技術が
盛り込まれているので
すごく人気が出ているといえます。

特につけた瞬間に温感があるほどの
Cセラムのような化粧品はまずないので
すごく個性的です。

・ニキビの状態によって対策は変わる

ただ、ここで今一度冷静になって
判断できるようになりましょう。

ニキビ対策として適切なのは
薬なのか化粧品なのかってことを
考えてほしいと思います。

もちろんビーグレンも含めてです。

そもそも論ですが、
どんなに高機能なものだったとしても
薬の効果には敵いません。

たとえ市販薬と比べてもです。

ただ、市販薬にも種類がありますし、
アプローチ法も異なるので
一概にいえない部分もありますが
基本的には薬が上となります。

特に重症な場合、
炎症がひどいときなど、
即効性が功を奏すると
思われるときは薬のほうがいいですし、

市販薬より処方薬のほうが
より効果的となります。

ビーグレンは医薬部外品のものもあり
単純な化粧品よりはいいですが
万能ではないことは
常に考慮しないといけません。