黄ニキビを治す際に忘れてはいけないこと

黄ニキビを治すには
主に2つの方法があります。

潰したりするなどの意図的な処置か
放置するかのどちらかです。

どちらがいいかは状況によって
異なりますのでなんともいえませんが
あまり手を加えないほうがいいのは
共通してる部分かと思います。

・黄ニキビを治す基本的な方法

黄ニキビはニキビの最終段階であり、
治るまであと一歩という感じです。

世間一般では最も悪化したニキビと
認識されていますが、
それでは語弊があります。

黄ニキビになってるってことは
殺菌が進んだことを意味します。

だから膿が出るんですね。

皮膚内部が損傷している
という意味では悪化とも言えますが
純粋な悪化とは違うと思います。

ということで今一度冷静になって
対処してほしいところです。

最も基本的な対処法としては
放置することです。

膿などの老廃物は自然と
代謝されますので
いずれは消えてなくなります。

その後赤みが残る可能性はありますが
それも体の機能のひとつで、
修復を進めてるんですね。

・主流の黄ニキビの治療法と注意点

しかし、黄ニキビの場合は
放置よりもいろいろ処理するほうが
おすすめされることが多いです。

代表例は潰すこと。

そうしないと膿がまた
ニキビの原因になりうるから、と。

たしかにそれも一理あります。

膿も毛穴を塞いでいることには
変わりないので残り続けると
やっかいなことになります。

ニキビ肌のままだと新陳代謝も
正常ではない可能性があり、

膿の排出も遅れることも
十分考えられます。

よって、黄ニキビを治すには
潰したのちスキンケアをするのが
最も一般的な手法です。

簡単にいうと膿を取り出したあとは
保湿しましょうってことです。

もちろんニキビスキンケアが
肌に優しいことが前提です。

下手に界面活性剤が入ってると
余計な成分が肌内部に浸透し、
よからぬ副作用をもたらします。

化粧品が肌に合わないというのは
刺激が強いなんらかの理由が
あるからです。

肌荒れがひどいとどんな化粧品も
うけつけないので、
そういうときはワセリンくらいで
対処したほうがいいでしょう。

そして忘れてはならないのが
スキンケア以外の対策です。

生活習慣の是正ですね。

みなさんが無視しがちなことです。

黄ニキビが最も悪化したニキビという
考え方で、部分的に合ってると思うのは
そこにヒントが隠されています。

つまりニキビができるとしても
必ず黄ニキビまでいかない、

黄ニキビができるということは
それだけ不健康だったってことです。

ニキビの原因は体の内部にあり、
それは私生活によって変わります。