ビーグレンがニキビにいいと言われる基礎知識をおさらい

しつこいかもしれませんが
ビーグレンがなぜニキビにいいのかを
再度復習したいと思います。

一応メカニズム的なことを
知っておいたほうが
納得しやすいと思うので
よかったらみてほしいですね。

ポイントとなるのは
ビタミンCと浸透技術です。

・ビーグレンのニキビへの効果を支える技術

ビーグレンは化粧品ブランドのことで
ニキビ専用コスメというわけでは
ないのですがイメージ的に
ニキビが先行してる部分もあります。

代表的な製品であるCセラムが
ニキビと相性がいいですからね。

ニキビスキンケアはどれがいい?
という話になると必ずといっていいほど
ビーグレンは出てきますので、
その影響力もなかなかのものです。

ここまで人気が出てきたのは
やはり個性的な部分が大きいと思われます。

化粧品のような似たような商品が多い
玉石混交とした世界では
特に個性が重要だと思いますが、

技術的に難しい面があって
なかなか頭一つ抜きん出るのは
難しいのが現状だと思います。

ビーグレンはそれをやってのけたから
成功してるのだと思います。

ビーグレンの主力ポイントである
QuSomeという技術は、
もともと医療用として開発されたものです。

それにビーグレン日本法人の社長さんが
注目して化粧品へ応用されたという
経緯があります。

誕生秘話から個性的な感じがします。

そしてただ浸透するだけでなく
肌に馴染みやすいカプセルにし、

なおかつ成分がゆっくり
溶け出すという技術なので
長時間作用するというメリットも。

ここまでくるとさすがに
猿真似も容易じゃないですよね。

・ニキビにいいビタミンCにも違いが!

そしてビタミンCに関しても
他の化粧品とは一味違います。

ビタミンCがニキビにいいことは
周知の事実ですが、
実は落とし穴があります。

ビタミンCは水溶性で
しかも不安定な物質なので
化粧品に配合すること自体
困難な成分なのです。

なので誘導体という形をとるのですが
そのままだと効果が発揮されないので
体内で酵素によって分解するのを
待つ必要があります。

誘導体にもいろいろ種類があるので
必ずそういう特徴があるとは
限りませんが基本はそういうことです。

すると配合した分をすべて
有効活用するのは難しい、
つまり損してるわけです。

ビーグレンはもともと素のビタミンCが
配合されてるので損失率が低く、
しかもCセラムには7.5%という
高濃度配合されてるのがすごいところ。

だからつけた瞬間じんわり
温かくなるんですね。

他の化粧品ではこうはいきません。

QuSomeはCセラム以外の製品にも
使われてるので肌荒れ対策的にも
ビーグレンは役立つ可能性があるんです。