ビーグレンがニキビに効くか効かないかは成分が左右する

ビーグレンがニキビに効果的と言えるのは
いろんな成分が複合的に
働いてくれてるからですね。

ビーグレンといえばビタミンCばかりが
注目されがちですが、
その他にもいろいろあるわけなので
豆知識としてでもいいので
覚えておくと理解が深まります。

中には肌に悪い成分もありますので
そちらにも気を配ってくださいね。

・ビーグレンに配合されるニキビ対策成分

ビーグレンといったら
Cセラムが非常に人気なので
ビタミンCがよく注目されます。

他のメーカーはビタミンCが入ってても
低濃度だったり誘導体で入ってますが
CセラムはピュアビタミンCが
高濃度に配合されてますから
効果が実感しやすくなってます。

そのうえ浸透技術も優れているので
持続性も高いと言われています。

ニキビとビタミンCは切っても切れない
関係にあるといえますが、
他にもいろんな成分があり
ビタミンCだけがニキビ対策じゃないです。

代表的な成分をあげると
クレイウォッシュのモンモリロナイト、
クレイローションの
グリチルリチン酸ジカリウムです。

モンモリロナイトは泥成分の一種で
クレイローションにも配合されてます。

表記はベントナイトとなってますが
ものは一緒です。

泥は炭やタオルと同じく
細かい穴がたくさん存在し、
汚れを吸着する天然の洗浄剤です。

おまけにミネラルも含み
保湿効果もあるので
人によっては感動ものらしいです。

ニキビがある=肌の新陳代謝が悪く
汚れが溜まりやすくなっており、
新たなニキビもできやすいです。

かといって強い洗浄剤だと
皮脂を取りすぎてしまい
かえって肌に良くないので
天然成分はありがたいものです。

グリチルリチン酸ジカリウムは
定番中の定番なので耳タコだと思いますが
役に立つから定番になってるわけです。

炎症を抑えることは
ニキビケアでは重要であって
欠かせない要素です。

ビタミンCばかりだと乾燥したりして
力不足なところもあるので
他の成分と協力してケアするのが
重要になるわけですね。

他にもCセラム以外には
美容成分が複数配合されていて、
それぞれに保湿や消炎効果があり
ゆるく作用していきます。

・この成分も忘れてはいけない

最後に補足として、
化粧品にはほぼ必ずといっていいほど
肌に悪い成分も含まれています。

合成界面活性剤や添加物ですね。

いい成分とセットになってるので
最終的にどうなのかと思う部分があり
複雑な心境になるものです。

その点を改良してくれると
ビーグレンはもっといいものになって
もっと人気が出ると思うのですが。