黄ニキビに市販薬は効果があるのかについて考察

黄ニキビは市販薬でも
ある程度は対策することができます。

特に初期の炎症がある状態なら
治療を早めることが
できるかもしれません。

しかし市販薬にもいろいろ種類がありますが
黄ニキビである以上、
それほど劇的な効果は
期待しないほうがいいです。

基本的にニキビ薬の多くは
赤ニキビ向けだからです。

・ニキビに人気の市販薬について

ニキビ向けの市販薬といえば
だいたい同じようなものが
おすすめされることが多いです。

定番でいうとテラコートリルや
ペアアクネクリームW、
オロナインH軟膏、
アクネスあたりでしょうか。

中でも一番効くとされてるのが
テラコートリルです。

ステロイドが入っているので
殺菌効果が高いからです。

さらには抗生物質も入ってるので
ニキビの対症療法としては
最も強いものといえます。

市販薬なのでステロイドの強さも
かなり弱いものですので、
多用しなければそこまで
問題はおきないとされています。

ペアアクネクリームWは
非ステロイド系の軟膏薬で
テラコートリルと匹敵するほどの
人気を博しています。

殺菌と抗炎症効果があるので
万能タイプとも言われています。

オロナインH軟膏は
常備薬として有名な軟膏で
殺菌作用と保湿効果がある
比較的副作用が少ない特徴があります。

これこそ万人向けの薬といえます。

アクネスは硫黄が配合された
ニキビ治療薬の一種で、
殺菌作用のほか皮脂を吸い出す
作用があるといわれています。

ただ乾燥しやすいので
広範囲に塗ったり多用するのは禁物。

硫黄もニキビ対策成分として
定番となっているので
配合してる商品は他にも
何種類か存在します。

・黄ニキビに市販薬は役立つのかどうか

ではそれらの市販薬が
黄ニキビに有効なのかどうかですが
いずれも共通してると思われるのが
黄ニキビの初期には効くかも?
ということ。

黄ニキビというのはすでに
免疫によって殺菌が進んでる状態であり
積極的なケアはあまり必要ではないです。

初期状態だと膿の周辺に
炎症が残っているので
それを鎮める効果がある薬は
ある程度使いみちがある感じですが、
そうでないならあまり意味がありません。

その典型例がオロナインですね。

黄ニキビの場合は塗り薬を塗るより、
チョコラBBやハイチオールなどの
飲み薬を飲んだり、

膿を慎重に潰して
保湿ケアをするなりしたほうが
良い結果をもたらすものです。

黄ニキビは最悪に悪化したニキビという
イメージが先行しているため、
薬を使わないといけないという
考えに陥りがちですが、

必ずしもそうとはいい切れません。

黄ニキビこそ治療というより
アフターケアをするべきだと思います。