ニキビによる色素沈着はビーグレンが役に立つかも?

ニキビによる色素沈着が
発生してしまった場合は
ビーグレンで対処することは
理論上十分可能です。

理由はシンプルで、
成分の浸透力だけでなく
ビタミンCの質も量も高いからです。

ここでいうビーグレンは
Cセラムのことを指しますが
より強い美白効果を望むなら
ホワイトクリームを
試したほうがいいかもしれません。

今回はニキビスキンケアを基準に
色素沈着は解消できるのか
というテーマでお送りします。

・色素沈着の基礎知識

ニキビと色素沈着は
セットで考える必要があります。

ニキビができたら必ず色素沈着が
発生するわけではないのですが
常にそのリスクははらんでいます。

炎症が起きる少なからず
肌細胞にとっては負担になるからです。

重症度によっても違いますが
大人になるといろんな要素が
ダメージ蓄積へと繋がっていきますので
30代以降は要注意な年代だといえます。

色素沈着はニキビ跡の一種として
知られているので重症化しないと
発生しないのでは?
と思っている人も多いでしょう。

しかし炎症後色素沈着という
言葉があるように
炎症が起きた時点で
発生する可能性があります。

赤みが引いたあとに出てくることも。

ちなみにシミという言い方もありますが
それは長年の紫外線などの刺激が
蓄積することによりできるもので
知らない間に進行してるものです。

色素沈着はニキビや化粧品など
一時的な強い刺激によってできるもので
メカニズム的には同じでも
発生する経緯が違います。

・色素沈着の改善と予防にCセラム

ではビーグレンは色素沈着に
どう働くのでしょうか。

おそらくビーグレンに注目してる方は
Cセラムをメインに考えてると思いますが
間違いではありません。

むしろビタミンC系の化粧品では
最も効果的だといえるかもしれません。

その理由は冒頭でもお伝えした通り
浸透力と成分がいいからです。

ご存知の通り、Cセラムには
QuSomeというオリジナルの
浸透技術が盛り込まれており、

角質層の奥まで届く上に
ナノカプセルからゆっくり成分を
放出する仕組みなので
効果が長く持続する特長があります。

ビタミンCもまたほかと違います。

ビタミンCは誘導体が人気ですが
化学合成されていない
いわば素のビタミンCでないと
効果は発揮できません。

そのため誘導体では
100%活かしきれません。

Cセラムは素の状態である
ピュアビタミンCがそのまま
配合されているので、
非常に効率がいいのです。

ビタミンCはメラニン色素の
生成を抑制したり、
予防する効果もあります。

シミは活性酸素によってもできるので
抗酸化物質であるビタミンCは
間接的に防いでくれるというわけです。