黄ニキビの正しい潰し方を覚えておきましょう

黄ニキビは潰し方を間違えると
トラブルのもとですので
なるべく正しいやり方を
実践してほしいものです。

適当に潰しても大丈夫なときも
ありますがそれは結果論ですので
なるべく正しい潰し方も
覚えておくといいと思います。

・黄ニキビは潰してもいいもの

黄ニキビを潰すべきか
放置すべきかの論争は
消える気配はないですが、

おおむね潰していい方向へと
傾いているのが現状だと思います。

同時に正しい潰し方を
学んでおきましょうという
流れになってきています。

たしかにそこに反論の余地は
少ないでしょう。

膿が毛穴に溜まるということは
毛穴を皮脂汚れかそれ以上に
塞ぐことになります。

いずれは自然に排出されるものですが
まだニキビ肌が改善されてないうちは
悪化の材料になりかねません。

でも重症にしろ軽症にしろ
黄ニキビは目立って気になるので
精神的な意味でも潰せるなら
潰したほうがいいですよね。

ここまではいいでしょうか?

今回重要視しているのは
黄ニキビの正しい潰し方です。

つい手でグニュッと
やりたくなるものですが、
ここは冷静になって
対処してほしいところです。

・黄ニキビを潰す際の手順

ちょっと面倒かもしれませんが
道具を用意することで
よりリスクがなく黄ニキビを
潰すことができます。

用意するものは消毒液と脱脂綿、細い針、
そしてハイドロコロイド素材の絆創膏です。

消毒液はアルコールなどの
肌に刺激が少ないものを選びましょう。

それを脱脂綿をつかって
黄ニキビ周辺を消毒しておきます。

同時に膿に指す針も消毒します。

念の為、手も綺麗にしておきましょう。

患部周辺は柔らかい状態、
つまり風呂上がりがベストですが
無理ならそうでなくてOKです。

これで事前準備が完了です。

そして針で慎重に膿の中心を刺しますが
もちろん深く刺してはいけません。

プスッと指すくらいでいいです。

膿を取り出す際はなるべく優しく
押し出していきます。

可能ならコメドプッシャーを
使ってもいいと思います。

ポイントはすべての膿を
取り出そうとしないことです。

ある程度出せたらあとは
自然と排出もしくは体に吸収されるので
無理に取り出すよりよっぽど安全です。

最後にハイドロコロイド素材の
絆創膏を患部に貼って完了です。

それは通常の消毒液が含まれた
ものではなく傷口を乾燥させないための
素材が練り込まれたタイプものです。

それがなければ
白色ワセリンでも代用できます。

黄ニキビができた肌は
傷ができた状態ですので
まずはその補修を促すのが大事です。

下手な保湿ジェルではなく
負担がより少ないものが理想です。